40代が今すぐできる転職・再就職の徹底検証

*

40代の面接で聞かれる質問は

   

してきた仕事について

 40代ではここまで培ってきた技術や経験が問われることになります、そうなれば面接での質問でもここまでにしてきた仕事に関してのことが出るのは容易に想像できるでしょう。職務経歴書を見れば分かると考える人もいると思いますが、書類だけでは分からないこともあり、企業としては本人の口から具体的に聞きたいためにこの質問をするのです。ここで答えられないとほぼ確実に落とされることになるため、相手の質問に応じた答え方をしましょう。

 どんな質問がされるかは本当に相手次第となるため「仕事に対してこういう質問が来たらこう答えよう」と決めておきましょう。答える場合にも単なるテンプレート的な定型文にならないよう気をつけましょう。

今の企業について

 一方で転職するとなれば、今の企業に対してどういう考えを持っているのかとして、今の企業に関連する質問も出てくる可能性が高いです。当然のことながら、もし問題があって転職しようとしてもネガティブな答えを言うのはいけません。後ろ向きな理由で転職しようと見られてしまうからです。答えるとしては必要な内容はしっかりと答えた上で無難な内容にするのがいいでしょう。

 最も相当問題のある企業であれば、あえて実状と共に答えるのも手です。企業によっては過酷な環境を乗り越えてきたと評価してくれる場合もあるのですから。

【関連記事】
40代が面接で守るマナー
40代の自己紹介

 - 面接

  関連記事

40代の自己紹介

答えるべき内容は  自己紹介は自分の情報を相手に伝えるものであり、面接では最初に …

40代が面接で守るマナー

謙虚さを大切に  40代で面接のマナーを理解していくのであれば謙虚な気持ちを前提 …