40代が今すぐできる転職・再就職の徹底検証

*

40代の自己紹介

   

答えるべき内容は

 自己紹介は自分の情報を相手に伝えるものであり、面接では最初に聞かれることも多いです。当然面接の場であるため普通に答えるよりは相手の気を惹くような内容を答えたいものです。

 内容としては名前や住所をいうのはもちろんですが、一方で自分が今働いている企業に関しての内容も答えておいていいでしょう。役職に関しては答えておけば自分が入社した際にどういう仕事をするかの目安にすることができ、印象に残った経験に関して答えればそこから相手が仕事に対する姿勢を見ることができるからです。

 一方であまり長々と答えるのも問題であるため、1分辺りで終わらせられるように内容を考えるこにとなります。相手がどこに興味を持つか、答えておくべき必要な情報は何か、それらを考えて内容を作りましょう。

答え方に気をつける

 一方で自己紹介のときは答え方に気をつけることです。内容として役職を答えること自体はよいのですが、そこから更に自分の役職に関しての話が続くと相手に自分の地位を自慢しているような印象を与えてしまいます。

 自分が中身のあることを話しているつもりでも、相手からすれば聞くのもうんざりしているということがあるため、内容を見た際に相手にしっかりと聞いてもらえるものになっているかどうか、自分の話し方が気に障るようなものになっていないか気をつけましょう。

【関連記事】
40代が面接で守るマナー
40代の面接で聞かれる質問は

 - 面接

  関連記事

40代の面接で聞かれる質問は

してきた仕事について  40代ではここまで培ってきた技術や経験が問われることにな …

40代が面接で守るマナー

謙虚さを大切に  40代で面接のマナーを理解していくのであれば謙虚な気持ちを前提 …