40代が今すぐできる転職・再就職の徹底検証

*

40代が面接で守るマナー

   

謙虚さを大切に

 40代で面接のマナーを理解していくのであれば謙虚な気持ちを前提にやっていきましょう。というのも40代が面接でマナーを守れない原因の大半は「驕り」にあるからです。実際に40代では重役にいることも多いため「相手より自分の方が偉い」という思考が成り立ってしまって、そこから「マナーが守れなくても問題ない」という結論に至ってしまうことにもなります。もちろんそんな相手は企業としてはお断りになるのは間違いなしです。

 謙虚な姿勢でやっていけば「この時はこういう行動に気をつけよう」と考えることができ、自然とマナーを身につけることができます。しかし逆に謙虚も過ぎると神経質とにってしまって、行動に支障が出るため加減を考えるのも大事です。

煙草を吸ってませんか

 マナーとしては煙草にも気をつける必要があります。この年になって煙草を吸っている方もいると思いますが、最近では企業における禁煙の割合も増えてきました。そのために煙草を吸っている時点でマナーが守れるのか疑われることになるのです。

 現に厳しい話ですが、歩き煙草という単語があるように煙草を吸っている人間はマナーが守れないことが多いです。それもあって企業側に「マナーが守れない人間」という先入観を与えてしまうことになります。

 マナーに限らず健康のことを考えれば煙草を吸うのは控えた方がいいでしょう。

【関連記事】
40代の面接で聞かれる質問は
40代の自己紹介

 - 面接

  関連記事

40代の面接で聞かれる質問は

してきた仕事について  40代ではここまで培ってきた技術や経験が問われることにな …

40代の自己紹介

答えるべき内容は  自己紹介は自分の情報を相手に伝えるものであり、面接では最初に …