40代が今すぐできる転職・再就職の徹底検証

*

40代が転職するための5つの手順

 最近の40代はまだまだ若い。企業もそれをわかってきていますから、40代とはいっても、まだまだ転職市場ではニーズが多々存在している状態です。また、企業が本当に欲しいと思うのは、人間性と能力のバランスが取れた人材。それをアピールし、転職というゴールへと向かっていかなければなりません。

就職・転職準備について

 自分自身の決意だけではなく、家族がいる人は家族、会社に勤めている人はそういった人たちの理解、こうしたものもなければ転職するのは難しいでしょう。転職準備のひとつとして、こうした身の回りの整理をしておく必要があるのかもしれません。そうした方が後々スムーズに進みます。

【参考記事】
40代で転職するのであれば
40代でする自己分析
40代が企業の分析をする場合

求人情報について

 40代の方は、できるだけ転職を専門とした求人情報媒体を利用しましょう。20代や30代前半のような若い人であればその他の媒体を使ってもいいのですが、40代以降の方はより確実な転職活動が必要となるため、情報は転職サイトや転職エージェントといった媒体の活用が有効です。

【参考記事】
40代での仕事探し
40代でハローワークはどうなのか
40代で活用する転職エージェント

履歴書や職務経歴書について

 転職サイトやエージェントを利用すると、履歴書や職務経歴書の書き方の指南もしてもらえます。甘えましょう。プロに指導・添削してもらうことで、より自分の魅力を書類上でも引き出してもらうことが可能。特に初めての転職やあまり能力がないと自覚しているのであれば、こうしたサービスを使わないのは勿体ないのです。

【参考記事】
40代で書く履歴書
40代の書く職務経歴書
40代が書く志望動機

面接について

 面接対策も転職系サービスでは行ってもらえますが、書類のようなごまかしはききません。企業が求める人間性と能力、それを調べた上で臨むようにすれば、納得のいく結果がついてくるはず。能力だけではなく人間性も重視されるのが転職ですから、自分はバランスが取れた人材である、ということをアピールしてみましょう。

【参考記事】
40代が面接で守るマナー
40代の面接で聞かれる質問は
40代の自己紹介

退職・入社準備について

 退職は手順さえ間違わなければ、そこまで難しいことではありませんし、トラブルも回避することができます。その手順を間違わないために、行き当たりばったりではなく、退職のスケジュールも組んだ上で進めていきましょう。転職もそうですが、退職も焦りは禁物です。

【参考記事】
40代の円満退職
転職先への入社手続きのやり方は
入社前に確認しておきたいこと

公開日:
最終更新日:2015/03/17